東北の震災と想像力: われわれは何を負わされたのか

Front Cover
講談社, Mar 8, 2012 - Disaster relief - 243 pages
未曾有の事態をどう捉えるか。東北を掘り東北学を立ち上げた民俗学者と、阪神大震災体験をきっかけに臨床哲学を切り拓いてきた哲学者。言葉を探り、想像するちからの可能性を信じる二人の思索者の真摯なる対話。震災以降に発表された両著者のエッセイ11篇も併せて収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information