分析・計測法

Front Cover
猪飼篤
丸善, Mar 30, 1998 - 187 pages
本書ではクロマトグラフィーからスタートして生化学的分離分析技術を学ぶ。可視紫外、蛍光、赤外、核磁気共鳴などの各種分光法の基礎を学び、どのような分光法がどのような場面で役に立つかをていねいに論じている。核磁気共鳴吸収法の解説においては普通の教科書ではあまりふれられていない緩和法に重点をおき、これからの新しい発展に備えることにした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information