現代日本経済史

Front Cover
岩波書店, 2000 - Japan - 274 pages
20世紀システムの展開に日本経済はどう対応したのか。日本の条件にあわせてどんなシステムが導入されたのか。その過程で人々の生活の安定への努力がいかになされたか。―この3つの視点にたって、パックス・アメリカーナの時代(第1次世界大戦後から高度成長期)の日本経済を考える。姉妹編『近代日本経済史』と併せて、日本の「適応と創造の1世紀」をあざやかに描き出す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information