カタツムリが食べる音

Front Cover
飛鳥新社, Feb 28, 2014 - 178 pages
難病に苦しむ著者に、生きる希望の灯をともしたもの、それは病床に偶然やってきた一匹の小さな生きものが、生を奏でる微かな音だった。一人の女性と一匹のカタツムリの絆を描いたノンフィクション。ウィリアム・サローヤン国際賞受賞作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information