方言学的日本語史の方法

Front Cover
ひつじ書房, Feb 27, 2004 - Japanese language - 737 pages
本書は日本語史の研究に方言学の視点をもちこむことにより、従来の文献重視、中央語主体の歴史記述を見直し、新たな史的研究の可能性を提示することを目的としたものである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information