窪田空穂随筆集

Front Cover
岩波書店, 1998 - 370 pages
近代日本を代表する歌人の一人である窪田空穂(1877‐1967)は、柳田国男を尊敬し、民俗学に大いなる関心をもっていたが、そのような空穂の考えをよく伝えてくれる随筆集。明治の農村文化の豊かさ、大正初めの東京名所めぐり、早稲田大学の思い出などを述べた文章からは、明治・大正の日本が鮮やかによみがえってくる。29篇を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information