図解き論理的哲学史逍遙: ポルフィリオスの樹にはじまる

Front Cover
工作舎, 2020 - 236 pages
タレス以来、プラトンやアリストテレスをはじめ多彩な哲学者を輩出した古代ギリシア。新プラトン派の哲学者の名を付した「ポルフィリオスの樹」は、古代ギリシア論理学&哲学のエッセンスを示す図として、剪定されながらも後代の青洋思想の根幹をつらぬいてきた。古代ギリシアから中世の神学全盛時代をへて近代科学の誕生、記号論理学や論理実証主義の発展など、西洋思想史をつらぬく抽象構造をさぐり、健全な思考への道を示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information