逝きし世の面影

Front Cover
平凡社, 2005 - Japan - 604 pages
「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていたという事実だ」近代に物された、異邦人によるあまたの文献を渉猟し、それからの日本が失ってきたものの意味を根底から問うた大冊。1999年度和辻哲郎文化賞受賞。

What people are saying - Write a review

Review: 逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

User Review  - yoshiharajya - Booklog

2012.12.1-2013.1.12 Read full review

Review: 逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

User Review  - komoda - Booklog

http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=76_552 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information