身体障害学

Front Cover
雲母書房, 1998 - 263 pages
専門家ほど管理的になるのはなぜか?近代的知識と技術を、老人を受け身にするのではなく、生活の主体になるための武器にしたい―著者の思いが溢れるシリーズ第3弾では、片マヒ者への障害に即した個別ケアの方法と、「やる気がない」「甘えている」などと誤解の多かったパーキンソン者への新しい介護の視点を提共する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information