土壌・地下水汚染の実態とその対策

Front Cover
日本地盤環境浄化推進協議会
オーム社, 2000 - 158 pages
日本では水質汚濁防止法の改正や環境マネジメント・監査の国際規格(ISO‐14000シリーズ)の普及によって、「地盤環境問題」に対する認識が急速に高まりつつあるが、土壌や地下水の汚染の全貌はいまだ把握されていない。多くの工業先進国、アメリカ、ドイツ、オランダなど、いずれの国においても地盤環境の汚染箇所は非常に多いという点では意見が一致しており、日本もその例外ではないことが最近わかってきた。本書は、こうした状況を踏まえ、土壌・地下水汚染の現状や問題点についてまとめたものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information