コーヒーのグローバル・ヒストリー: 赤いダイヤか、黒い悪魔か

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2010 - 326 pages
コーヒーは石油につぐ巨大市場を形成する一次産品であると同時に、グローバル化時代の南北問題を鮮やかに象徴する農業生産品でもある。多様な意味を内包するコーヒーの歴史を文脈化して整理し、「コーヒーで結ばれた世界」を見渡すための歴史的視座を明示する、刺激にみちたグローバル・ヒストリーの試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information