ロビンソン・クルーソー: Robinson Crusoe

Front Cover
アイビーシーパブリッシング, 2006 - 120 pages
0 Reviews
航海の途中で嵐に遭遇し、絶海の無人島にたどり着いたロビンソン・クルーソー。そこに待ち受ける様々な困難や孤独を、見事な機転と工夫で切り抜けていく。畑をつくり、ヤギを飼い、ときには神に語りかけ、そうして15年の歳月が流れた頃、ロビンソンは誰もいないはずの浜辺に人間の足跡を発見する。冒険小説として名高いだけでなく、経済学や倫理学の視点からも注目されてきた古典的名作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information