トルバドゥール詞華集

Front Cover
瀬戸直彦
大学書林, 2003 - 347 pages
トルバドゥールとは、オック語occitanあるいはプロヴァンス語provencalと呼ばれる言語を用いて11‐13世紀ころに、南フランスやカタロニア、北イタリアの地でしるされた、その多くがメロディをもつ抒情詩をものした詩人たちのことである。本書では、当時の人々(写本の成立した13世紀末から14世紀初頭の時期)が接していたトルバドゥールの作品集を、それにできるだけ近い形で、一写本に範をとって、まとめてみた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information