「新しい作品論」へ、「新しい教材論」へ: 文学研究と国語教育研究の交差

Front Cover
右文書院, 1999 - Japanese fiction - 282 pages
近代文学研究と文学教材研究を交差させ、「本文」の概念を根底から問い直す。“文学”に“いのち”を吹き込んだ「新しい作品論」「新しい教材論」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information