新・ローマ帝国衰亡史

Front Cover
岩波書店, May 21, 2013 - 212 pages
地中海の帝国と言われるローマ帝国は、実は「大河と森」の帝国だった?衰亡の最大原因とされる「ゲルマン民族」は存在しなかった?あの巨大な帝国は、わずか三〇年で崩壊した?―歴史学の最新の知見から“二一世紀の衰亡史”を語り、栄えた国が衰えるとはどういうことか、国家とはそもそも何なのかを考えさせる、刺激的な一書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information