オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家: ゾラ傑作短篇集

Front Cover
光文社, Jun 20, 2015 - 371 pages
完全に意識はあるが肉体が動かず、周囲に死んだと思われた男の視点から綴られる「オリヴィエ・ベカイユの死」。新進気鋭の画家とその不器量な妻との奇妙な共犯関係を描いた「スルディス夫人」など、稀代のストーリーテラーとしてのゾラの才能が凝縮された5篇を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information