医療のなにが問題なのか: 超高齢社会日本の医療モデル

Front Cover
勁草書房, Aug 10, 2013 - Health care reform - 357 pages
2025年、年間150万人が死亡する時代。病院を中核とするこれまでの医療供給システムは通用しない。超高齢社会に望ましいヘルスケアをどう構築すべきか。国内外のデータと日本各地の先進事例から、将来必要になる枠組みを示唆。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information