韓国社会の周縁を見つめて: 村祭・犬食・外国人

Front Cover
岩波書店, 2012 - Folk festivals - 232 pages
1 Review
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
過疎に苦しむ村人たち、バッシングにさらされながら伝統食を守る人々、労働者や花嫁として韓国に移住してくる外国人たち...そうした韓国社会の周縁で、つねに時代に翻弄されながら生きる人々の実像を丹念に調査し、そこから見えてくる問題を、日本人であり人類学者でもある著者自身を問い直しつつ、鋭く浮き彫りにしてゆく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information