怪奇探偵小説傑作選 5 海野十三集: 三人の双生児

Front Cover
筑摩書房, 2001 - 558 pages
日本SFの元祖・海野十三。理科系作家がその新しい知識を駆使して生み出す奇ッ怪で新鮮な物語に、昭和の科学少年たちは胸を躍らせた。赤外線、テレヴィジョン、超音波に電気風呂―。エログロ・ナンセンスにみちた初期の作品から戦時下の緊迫した空気を伝える異色作まで、鬼才が遺した多彩な推理小説を収める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information