日本語から見た日本人: 主体性の言語学

Front Cover
日本語から見た日本人は、個としての自己意識が強く、だからこそ逆に、対人関係に敏感となる。日本人にとって、対人関係は建前として重視しなければならないが、その陰には、本音としての強い自己意識がある。言語学の方法を用いて、この逆説的二面性に日本人の表現構造の本質があることを示すとともに、英語などに比べ、日本語の強い自己志向的側面を浮き彫りにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information