信ずることと知ること

Front Cover
新潮社, 2004 - Japanese literature - 264 pages
昭和四九年七二歳。真夏の九州霧島で、学生たちに語ったベルグソンの哲学、柳田国男の学問。いまここに、超自然的な事実が報告された。僕らは、これを、どういう態度で聞くべきか―。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information