ふしぎな県境: 歩ける、またげる、愉しめる

Front Cover
中央公論新社, 2018 - Japan - 179 pages
地図を詳しく見ていくと、日本各地に複雑怪奇な県境が存在する。ショッピングセンターの売り場を分断している、一つの村が丸ごと他県に囲まれている、盲腸県境が幅1メートル長さ8キロにわたって細長く続く、実際の県境からだいぶ離れたところに「県境」バス停がある...。こんな県境が、なぜ生まれたのか?実際に行ってみると何があるのか?地元の人は不便ではないのか?県境マニアが全国13ヵ所の県境を検証。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information