文法史

Front Cover
金水敏, 高山善行
岩波書店, 2011 - Japanese language - 239 pages
伝統的な国学を基盤とし、西洋の文法概念が折衷された国文法。その国文法と、従来疎遠な関係にあった生成文法や、記述研究としての日本語学、近年の歴史語用論、社会言語学等の理論を包括的に踏まえ、日本語文法史を捉えようとする画期的な試み。形態論、統語論、接辞、代名詞、直示・人称指示、語用論的ルールといった観点から分析し記述する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information