科学者と戦争

Front Cover
岩波書店, 2016 - Science - 202 pages
軍事研究との訣別を誓ったはずの日本で、軍学共同が急速に進んでいる。悲惨な結果をもたらした歴史への反省を忘れ、科学者はいったい何を考えているのか。「科学は両義的」「戦争は発明の母」「国への協力は世界標準」などの「論理」を批判。科学者は戦争への応用に毅然として反対し、真の社会的責任を果たすべきである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information