死の哲学: 田辺元哲学選

Front Cover
岩波書店, Dec 16, 2010 - Death - 459 pages
晩年の田辺が構想した「死の哲学」に関する論考四篇を収録。「生の存在学か死の弁証法か」は、死者と生者との「実存協同」の概念を基礎に、「死の時代」の新しい哲学を提示した論文。「マラルメ覚書」は、象徴詩「イジチュール」「双賽一擲」を読解した最後の著作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information