人類学者は異文化をどう体験したか: 16のフィールドから

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2021 - 333 pages
文化人類学の魅力は、他者の世界をフィールドワークによって深く知ることにある。他者を鏡として自己を振り返り、日常の当たり前を根本から問い直す文化人類学の反照性は、人々を惹きつけ、文明批判や社会評論としても大きな力をもってきた。こうした文化人類学の原点に戻って、外国人や在野研究者を含む一六人の多彩な人類学者たちが、各々のフィールドで身体知として掴んだ他者の姿と世界を伝える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information