森と日本人の1500年

Front Cover
平凡社, 2014 - Forests and forestry - 239 pages
風景は時とともに変わる―。原生林も太古から変わらぬ姿と思いがちだが、気候の変化や災害などで、植生は違った状況になる。人工林や雑木林も、人がどんな手を入れるかによって生える木の本数、樹形、下草の植生が変化する。そんな森林景観に日本人はいかに関わってきたか。今ある緑はどんな経緯を経て生まれたか。現代につながる森と人の歩み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information