トルコ狂乱: オスマン帝国の滅亡とアタチュルクの戦争

Front Cover
三一書房, 2008 - 808 pages
世界をほしいままにしようとした帝国列強、イギリス、ロイド・ジョージ首相の“傀儡”として、トルコに攻め込んだギリシャ。トルコ人の視点は近代史を新たに照らし出す。独立を勝ち取るまでの壮絶なトルコ‐ギリシャ戦争を活写した長編歴史小説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information