母性愛という制度: 子殺しと中絶のポリティクス

Front Cover
勁草書房, 2001 - Abortion - 254 pages
女性たちの主体をめぐる欲望を回収し、構築される母性の物語。逸脱行動と見なされる社会現象を分析、現代日本社会の変容を追う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information