〈戦前〉の思考

Front Cover
講談社, 2001 - Philosophy - 267 pages
「共産主義が終わった」「五五年体制が終わった」―。二〇世紀最後の十年は「終わり」が強調された時代だった。そして、それは戦前の風景に酷似している。あの戦前を反復しないためにこそ、自身を“戦前”において思索することの必要性を説く著者が、明晰な論理展開で繰り広げる思考実験。ネーション=ステートを超克する「希望の原理」とは何か。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information