故郷はなぜ兵士を殺したか

Front Cover
角川学芸出版, 2010 - Repatriation of war dead - 284 pages
明治から第二次世界大戦までの日本の戦争を、国家主体の戦争論ではなく、“郷土”がどのようなかたちで戦争にかかわってきたのかという新たな視点で考察。市井の人々は戦死者に対しどんな感情を抱き、“郷土”とのかかわりのなかでどう「聖戦」に組み込まれていったか。戦争を生きのびた者は、“郷土”というつながりのなかで、どう過去の戦死者たちと向き合ったか。各地に残された慰霊碑、記念誌などを軸に検証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information