ジェンダー・トラブル: フェミニズムとアイデンティティの攪乱

Front Cover
「女であること」の捏造の系譜。権力はいかに言説のかたちをとって身体・精神・欲望を形成するのか。女と男の弁別が身体の自然に根ざすとする本質論的前提を根底的にくつがえし、セクシュアリティ研究の方向を決定づけるフェミニズム/現代思想の最重要書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information