ハイデガーとハバーマスと携帯電話

Front Cover
岩波書店, Feb 26, 2004 - Cell phones - 126 pages
いつでもどこでもあらゆる情報を望みのままに。―猛烈な勢いで進化を続けるケータイの描きだすコミュニケーションの未来像は、コミュニケーションが人間にとってもつ意味を探究した2人の哲学者の目から見たとき、どう捉えられるか?対照的な両者の視点を突きあわせ、ケータイ文化のありようを問い直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information