リハビリテーション

Front Cover
岩波書店, 1980 - Rehabilitation - 230 pages
病人の生命を救い、ケガを治すことができても、治療の後に体に自不由が残るならば、医学はその責任を果したとはいえないのではないか。こうした医療観のもとで、リハビリテーションの意義が注目されつつある。著者はそれを単に身体機能の回復訓練ばかりでなく、広く障害者の人権回復を求める思想と技術の体系としてとらえ直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information