性犯罪者から子どもを守る: メーガン法の可能性

Front Cover
中央公論新社, 2007 - Children - 262 pages
子どもに対する事件が跡を絶たない。特に性犯罪の前歴がある人間による同様の犯罪を防げなかったことは、社会に大きな衝撃を与えた。アメリカではすでに、メーガン法と呼ばれる、児童に対する性犯罪者の登録・公表制度が導入されている。日本でも近年その存在が注目されるようになったが、政府は導入に消極的だ。メーガン法は子どもを守る手段となるのか。その制度と功罪、合憲性について検討する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information