恐るべき子供たち

Front Cover
岩波書店, May 7, 2002 - 135 pages
詩人コクトー(1889‐1963)の手にかかると、子供の世界も、ギリシア悲劇を思わせる格調の高さをもって、妖しく輝きだす。白い雪の玉で傷ついた少年ポールが、黒い丸薬で自殺するという幻想的な雰囲気のなかに登場する少年少女は、愛し、憎み、夢のように美しく、しかも悲痛な宿命をになって死んでゆく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information