スクリプトによるコミュニケーション指導: 個別教育計画のための

Front Cover
川島書店, 1998 - 248 pages
障害をもった子どもたちのQOL(豊かな生活)のために、今の自分の気持ちを相手に伝えるなどのコミュニケーション指導の重要性が問われている。本書は、その具体的な方法を、発達心理学・認知科学・行動科学の最新成果による「行動からことばへ」という考え方に基づき、発達に応じた“適切な生活の文脈=スクリプト”により解説していく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information