臣女(おみおんな)

Front Cover
徳間書店, 2016 - 327 pages
0 Reviews
夫の浮気を知った妻は身体が巨大化していった。絶望感と罪悪感に苛まれながら、夫は異形のものと化していく妻を世間の目から隠して懸命に介護する。しかし、大量の食料を必要とし、大量の排泄を続ける妻の存在はいつしか隠しきれなくなり、夫はひとつの決断を迫られることに―。恋愛小説に風穴を空ける作品との評を得、満票にて第22回島清恋愛文学賞を受賞した怪作が待望の文庫化!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information