トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

Front Cover
日刊工業新聞社, 2018 - 159 pages
宇宙線とは、宇宙空間を飛びまわっている原子核や素粒子などの粒子。宇宙の彼方で起こっている現象のメカニズムを理解することで、宇宙進化の謎を明らかにする研究が進んでいる。多くの日本人が関連の研究でノーベル賞を授与されている。この大注目の宇宙線(素粒子)について、本書は、トコトンやさしく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information