アブサロム、アブサロム!, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2011 - 357 pages
九月の午後、藤の咲き匂う古家で、老女が語り出す半世紀前の一族の悲劇。一八三三年ミシシッピに忽然と現れ、無一物から農場主にのし上がったサトペンとその一族はなぜ非業の死に滅びたのか?南部の男たちの血と南部の女たちの涙が綴る一大叙事詩。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information