洋服を着る近代: 帝国の思惑と民族の選択

Front Cover
法政大学出版局, Feb 15, 2016 - 301 pages
裸体を野蛮とみなし、「文化」を押しつけた西洋。被植民者がそれを受容したかどうかは装いに反映される。自分とは何者かを表明する手段、衣服の歴史をたどる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information