絶対の冒険者たち

Front Cover
法政大学出版局, 2008 - 324 pages
ワイルド、リルケ、ツヴェターエワ―三人の作家・詩人たちの人生における実存の苦難と陥穽を描き、個々人の内的冒険としての“絶対の探求”と不可分であるかに見える善悪二元論を相対化する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information