奴隷: 小説・女工哀史 1

Front Cover
岩波書店, 2018 - Japan - 556 pages
丹後ちりめんの里と大阪を舞台とする『女工哀史』著者の自伝的小説。両親を失い、機屋の奉公人として働き始めた少年は、近代化の歯車が労働者を呑み込む中を生きる。少年の目に映る故郷の美しくも酷い情景、志の行く末は?『工場』と二部作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information