燃えつきるまで

Front Cover
幻冬舎, 2005 - Japanese language materials - 313 pages
恋も仕事も順調だった三一歳の怜子は、五年付き合い、結婚も考えていた耕一郎から突然別れを告げられる。失恋を受け入れられず、苦しむ怜子は、最優先してきた仕事も手に付かず、体調を崩し、精神的にも混乱する。そして、友人の「好意」から耕一郎に関するある事を知らされた怜子は...。絶望から再生までを描き、誰もが深く共感できる失恋小説。

What people are saying - Write a review

Review: 燃えつきるまで (幻冬舎文庫)

User Review  - yuyi - Booklog

2013.07.12 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information