夢よりも深い覚醒へ: 3・11後の哲学

Front Cover
岩波書店, 2012 - Antinuclear movement - 264 pages
「不可能性の時代」に起きた3・11の二つの惨事は、私たちに何を問うているのか。日本で、脱原発が一向に進まないのはなぜなのか。そもそもなぜこれほど多数の原発が日本列島において建設されてきたのか。圧倒的な破局を内に秘めた社会を変えていくための方法とは?オリジナルな思考を続ける著者渾身の根源的な考察。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information