1905年韓国保護条約と植民地支配責任: 歴史学と国際法学との対話

Front Cover
創史社, 2005 - Japan - 334 pages
戦後60年を迎えたが、日本は依然として加害の歴史に対する内的な反省がない。なぜなのであろうか。...日本は過去の歴史を清算し、朝鮮やアジアの人々と仲良く暮していかなければならない。朝鮮半島を祖国としつつ日本に居住する私たち在日朝鮮人にとって、これは祈りにも近い願いであり夢である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information