上杉鷹山: 「富国安民」の政治

Front Cover
岩波書店, 2021 - Yonezawa-han (Japan) - 239 pages
半世紀に及ぶ粘り強い取り組みによって、窮乏する米沢藩を立て直した上杉鷹山(一七五一~一八二二)。江戸時代屈指の「明君」として知られる彼が目指したのは、何のため、誰のための政治だったのか。改革を担った家臣たちの思想と行動、また鷹山明君像の形成を新たな角度から描き出し、その改革を日本の歴史に位置づける。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information