原っぱと遊園地 2: 見えの行き来から生まれるリアリティ

Front Cover
王国社, 2008 - 235 pages
0 Reviews
原っぱ的な空間の質に「見えの行き来」というルールをオーバードライブさせ青森県立美術館は実現した。そこには、その場その場では確かな存在が感じられながら、その存在感が絶対ではなくて、すぐに裏切られてしまう宙吊りの感覚が生まれている。こちら側にいながら、あちら側にいる自分を想像してしまう、という事態が起こる。『原っぱと遊園地』に続く注目の第二弾。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information