賢治と鉱物: 文系のための鉱物学入門

Front Cover
工作舎, 2011 - 269 pages
宮澤賢治の作品には鉱物が数多く登場し、魅力の一つとなっています。賢治が愛した鉱物たちを色ごとに紹介し、美しい写真と詳細な解説がつきました。珠玉の言葉からひもとく鉱物の世界へ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information