いま『武士道』を読む: 21世紀の日本人へ

Front Cover
丸善, Aug 20, 1999 - 166 pages
戦後の日本が選択した民主主義と、経済的な繁栄の代償として失ってきた日本人の心―礼節、忠義、誠、克己など―が、1899年、新渡戸稲造がアメリカで著した『武士道』の中には、なんと豊かにあらわされていることだろうか。確固たる価値観を喪失し、社会的な規範やモラルの欠如が指摘される今日、21世紀の日本人が世界の中で尊敬され、信頼されるためには何が大切なのかを『武士道』の中に読む。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information